無料ブログはココログ
フォト

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月30日 (月)

街の風景①(与野公園~大宮)

5月29日の日曜日、散髪にでかけました。いきつけの床屋さんは大宮にあり、いつもは電車で行くところですが、日曜日は天気もよく、自転車ででかけました。自転車って良いですよね。車では見過ごしてしまう街の小さな風景を見つけることができます。それをケータイのカメラに収めました。

それでは与野(与野公園)⇒北与野(上落合)⇒さいたま新都心(北袋町)⇒大宮(氷川神社)⇒さいたま新都心(合同庁舎付近)⇒与野(本町付近)の風景を順番にレポートしてみたいと思います。時刻は15時から19時の間に撮影しています。

  • 与野公園~北与野・新都心

VFSH0001_3_thumb VFSH0003_2_thumb VFSH0002_3_thumb VFSH0007_thumb VFSH0004_3_thumb VFSH0006_6_thumb VFSH0005_2_thumb VFSH0008_7_thumb VFSH0009_6_thumb     

【上左】与野七福神のうちの寿老人(天祖神社)の社です。数年前に家事で焼失してしまい、新しく建てられたばかりだと思います。

【上中】公園の池に住んでいる亀。”すっぽん”じゃないよね・・・

【上右】与野公園のメインであるバラ園。今が一番の季節です。

【中左】与野公園の裏手にある神社。七福神には含まれません。ひっそりとしてます。

【中中】同じく公園裏のレストラン。アイスを店先で販売しているようです。

【中右】与野公園から北与野方面に移動する途中にある与野七福神の一つ、恵比寿(一山神社)

【下左】17号バイパス沿いの公園から一気に埼京線高架下まで移動。高架沿の遊歩道は北与野駅まで続いています。

【下中】北与野駅からさいたま新都心駅まで続く高架の遊歩道。

【下右】懐かしの居酒屋さん(わたすき初会合の場所)

  • 新都心~氷川参道へ

VFSH0010_6_thumb_thumb VFSH0011_2_thumb VFSH0012_2_thumb VFSH0013_thumb VFSH0014_2_thumb VFSH0015_thumb VFSH0016_thumb VFSH0017_3_thumb VFSH0018_3_thumb

【上左】新都心名物?「けやき広場」を下から撮影

【上中】スーパーアリーナ

【上右】スーパーアリーナ裏から真っ直ぐ首都高速に向かうことができます。ここは入口。

【中左】京浜東北線や高崎線の高架にかかる”つばさ橋”。夜はライトアップされてきれいです。

【中中】つばさ橋上からさいたま新都心駅と新都心のビル群を望む。

【中右】橋を越えて、新都心駅東口側にあるコクーンへ移動。

【下左】コクーン、ヨーカ堂の裏手は大宮氷川神社の参道の入り口。ここから2KM先に神社の入り口の大鳥居があります。

【下中】参道は、けやきの新緑に覆われた緑の回廊です。

【下右】参道に入って少し歩いた所にあるコーヒーショップ。

  • 参道入り口から

VFSH0019_thumb VFSH0020_3_thumb_thumb VFSH0021 VFSH0022 VFSH0023 VFSH0024 VFSH0025 VFSH0026 VFSH0027    

【上左】こちらはコーヒーショップから100Mほど先にある喫茶店。いい雰囲気ですよ。

【上中】おや・・・わたすきのメンバーには多分見覚えある”いつもの集合場所”。

【上右】途中右手にある市民会館。会館前の大宮駅開業記念のSLと功労者の紹介。

【中左】大宮駅前の通りと交差する交差点までやってきました。

【中中】駅前通り大門町の歩道沿い。若い人が経営するショップと美容室が並びます。

【中右】大宮駅東口駅近くのスクランブル交差点。ロフトや高島屋の近くです。

【下左】参道に戻ります。ここからは歩行者専用、舗装は石となります。

【下中】脇を流れるせせらぎ

【下右】大宮アルテージャのショップ。

第一部おわり。

2005年5月29日 (日)

おそるべし

先週、グロービスの授業に寝坊して欠席したこともあり、今週は生徒同士で開催している勉強会に参加してきました。先週も毎晩の帰宅が0~1時の間であったため、体力的に限界を感じ、土曜日の朝の起床時は「勉強会なんて行きたくないな」とか一瞬後悔したりもしました。でも、行ってよかったです。

とにかく、会社以外の世界でいろんな人と出会い、話し合い、切磋琢磨することがとても大切である。改めてそのように思いました。

何が「おそるべし」なのかというと・・・昨日の勉強会は6名でやりました。場所はグロービスが開放している勉強会ルームにて。テーマは受講中のクリティカルシンキング。現在、勉強している所の復習です。

1.問題となる文章と設問(Aの意見とBの意見のどちらを取るか)を読む

2.再度、設問のポイントを抑える(何を回答すればよいのか)

3.自分が選択した意見を立証するためには「何を言うべきか」を考える

4.文章に戻り、文章から”メッセージ群”を抽出する

5.メッセージを束ねて上位メッセージをひねり出す

6.上位メッセージを束ね、自分が選択した意見の立証となるような言葉を作る

これらの作業を「ピラミッド状」の図式に纏め(通称ピラミッド・ストラクチャー)、ロジックの元とする。そして、ピラミッド・ストラクチャーを元に文章を起こす。

自分が作ったピラミッド・ストラクチャーを他の人に発表し、良い点と悪い点を突っ込んでもらうという勉強会です。

正直、自分は論理志向とか文章表現とか、けっして苦手な方ではないと思っていました。診断士の勉強や実務を通じて鍛えてきたつもりだし、自分の強みとして認識してきた部分です。

でもね、世の中広いというか、俺自身が「井の中の蛙」ということなのか・・・一緒に勉強したメンバーの中で最年少、25歳の青年(現在は就職せず、勉強と遊びに専念をしている方)に論理志向で全く太刀打ちできないんです。会社では考えられない展開です。とにかく、彼の頭の回転の速いこと!機転の利くこと!俺の頭が旧式の機械ではないかと思うほどです。なんとか話題についていき自分の見解を述べるも、結局その見解は彼の意見をサポートするものにしかなりません。改めて会社の外の人たちと深く交流することの意義を強く感じました。

勉強会が終わったあと、天才的な彼ともうひとりのメンバー(26才)と一杯だけ飲みに行きました。彼らの凄いところは、勉強にも熱心だけれど、お遊びのほうも非常に盛んなところ(笑)俺達の年代(30代中盤)にはあまり存在しなかった人種ですね。遊ぶか、ガリ勉かどちらかでしたから。きっと、5年後、10年後には彼らのような人材がビジネスの世界の第一線で活躍しているのだろうと想像します。

正直、天賦の才には抗いようもないと思いますが、私自身もこれからまだまだ頑張っていかなければなりません。厳しくなる一方の雇用環境を乗り越え、家族を食べさせていくために、あるいは自分のやりたいことをビジネス上で実現させるべく、自らを鍛えていかなければなりません。

「身の丈にあった方法とスピード」で頑張ります⇒自分の能力をわきまえて、無理の無い目標を立て、自分なりのペースで努力していきます。

2005年5月22日 (日)

寝坊⇒結婚式

土曜日、朝からビジネススクールに行くはずが、見事に寝坊をいたしました。金曜日はいつものごとく終電で帰宅し、夜中の1時過ぎに近所のガストで夕食を摂る。そして帰宅してから本を読み、就寝は2時30分過ぎ。翌朝の目覚ましを7時にセットしていたのに起きたら10時5分前・・・

いや、パニクりました。実は土曜日はレポートの提出日で、レポートを提出しないと、その後授業に出ても修了認定がもらえないんです。会社の費用で行かせてもらっているだけに、これは非常にまずい。会社にスクールから報告がいくだろうし。そこで、作成したレポートを片手にコンビニにダッシュ。そう、授業に欠席する人のために、FAXでレポートを受け付ける制度があるんです。なんとか、締切時間の20分前にFAX着信の確認電話を完了し、最悪の事態から免れることができました。

さて、土曜日は午後から友人の結婚式で横浜まで出かけました。写真は横浜スタジアム。kannai

こういう機会がないとなかなか横浜に行く機会が無いんですよね。

この歳になると結婚する友人の数も減り、お呼ばれする回数も少ないのですが、残る独身組のうちの一人の式でした。今回の友人は大学時代のサークルの仲間。新婦もサークルの先輩で二人が付き合いはじめたのが大学2年生の時ですから、出会ってから結婚するまでに15年のお付合いをしたことになります。凄いです、っていうかもっと早く結婚すれば良かったのに(笑)ま、色々あったんでしょうね。

結婚式終了後は関内の駅前にある北前そば高田屋に入り、サークル仲間10人で昔話をしました。あの頃はあーだった、あいつは今どうしてるんだろ、お前は軽いヤツだったな、などと3時間あまり話し込みました。いや、改めて思うに本当に歳を取っちゃたなと。このメンバーとこんな風に話し合う日が来るなんて、あんまりイメージしてなかった。俺の心の中には、おバカだったあの頃の思い出は、まだ昨日のようのことのように思えるんだけど。

B’Zの唄がありますよね。結構好きなんですけど。

くだらなかーった あの頃に♪ 戻りたい 戻りたくなーい

flower

2005年5月15日 (日)

捻挫

先週は5日のうち、終電3回、あとの2日も23時台の電車。こんな具合で帰宅が遅いにもかかわらず、部下はもっと頑張っているので、フレックス出社を取るわけにもいかず。そしたら、木曜日の朝、自宅マンションの階段上で目眩がしたのです。

そして、どかどかどかーっ”と階段を落下

結果、左足首を捻挫してしまいました(ToT) 当日の夕方は歩くこともままならず、足を引きずりながら帰宅しました。ただ、先週3日徹夜している部下のことを考えると、とても恥ずかしく、病院にもいけないわけです。でもね、言われちゃいました。

私  :「終電で帰宅できているのに情けないね・・・」

部下:「うーん、それはやっぱり年齢の差ですかね」

ま、とりあえず、インラインとか、スポーツクラブとか当面行けなくなりました。そもそも、スポーツクラブには4月から1回も行ってないので2か月分の月謝を捨てているようなものです。

あと、ネタ(愚痴?)ですが、会社でこんなやり取りがありました。私の所属する部には4名の課長がおり、部長の指示を受けてマネジメント活動を行なっています。私の上司、すなわち部長さんは課長向けにタスクを設定する量が多く、私を含めた4名の課長は結構ヘロヘロになっています。

先日、私以外のある課長さんと、部長がこんなやり取りをしていました。

課長

「タスクの量が多くて、整理が出来なくなってきたので、一旦立ち止まって整理をしたいんです。少しタスクの量を減らしてもらえますか?」

部長

「立ち止まったら終わりです。振り返らずにどんどん前に進みましょう」

止まったら、終わり、なんてまるでマグロみたいだな・・・とか思いました(-_-;) そういや、昔、大手情報機器販売の会社に入社した学生時代の友人が同じようなことを上司に言われたって言ってたな。彼が中小企業の新規開拓営業をさせられていた時代です。

「お前達はマグロだ!止まったら死ぬぞ!グルグル顧客の事務所を回り続けて注文をとって来い!」

これを聞いたときは酷い話だなーなんて思った覚えがあるけど、なんか今の自分達も似たようなものだな、なんて思うのでありました。

2005年5月 8日 (日)

GW最後は飲み会

昨日はスキーサークル、わたすき埼玉の04-05シーズンの打ち上げでした。日本海庄や⇒村さ来⇒カラオケボックスと朝まで居残ってしましました。あー、終電までに帰るべきだった(-_-;) 夜明けにコンビニで購入した液体のソルマック、及び家にあった太田胃散顆粒も効果なく、今日は胃もたれと胸やけに苦闘した一日でした。

そんなことを考えてたらもう夕方だし。晩ご飯、どうしよう・・・

ところで、昨日みんなとお話して、結構ブログをみてくれている人がいるんだなーと驚きました。なかなか、お話する機会が無かった方にも、自分のことを知ってもらえる効果があるんだなという発見がありました。違う趣味のこととか、勉強のこととか、意外なところで接点があることが分かったり、会話のネタになったりするのでなかなか便利だなと思うわけです。皆さんもブログやホームページを公開しません?(笑)

2005年5月 5日 (木)

05年のゴールデンウィーク

いつ始まったのか・・・そんな曖昧な印象の休暇週でしたが、そんな事を考えている間に終わりそうなのであります。少なくとも29日は出勤して夜中まで働いていたし。

■ 4月30日(土)

GWなのにグロービスの講義があり、麹町まで授業を受けに出かけました。疲れていたので、この日の食事会(授業終了後に毎回やっている飲み会)は欠席して帰りました。

■ 5月1日(日)  

私の実家(所沢)に帰りました。特にどうという事も無いんですが、一応、家族で日帰りの帰省をしました。

■ 5月2日(月)~3日(火)

明けて翌日は家族の実家(仙台)に帰省しました。朝、7時半に車で出発。渋滞もなく現地着は13時頃。いつもは仙台南ICまで高速を利用するのですが、今回は手前の白石ICで下りて下道を少し走ってみました。仙台のFM局"Date FM 77.1Mhz"を聞きながら運転などすると、妙に懐かしくて良いのです。

仙台市は海と山に囲まれ、夏は涼しく、冬は暖かな街です。そして何よりも自然に恵まれ、市内随所に緑に包まれた丘陵が散見されます。うちの家族の実家は、そんな市内の南側、丘陵の斜面に広がる住宅地の中にあります。

VFSH0003

VFSH0004

写真左は実家裏手の坂道から撮影した風景です。こんな斜面のきついところにあるんですよ。うちの家族が自転車に乗る習慣が無いのもお分かり頂けるかと思います。

そして、右の写真は市内の更に南方面に向かって撮影しています。住んでいると多分大変だと思うんですけど、たまに行くと、「風景良くていいじゃん」とか思うわけです。ちなみに、仙台はこのように丘陵地に広がる住宅地が多く、なかでもイトーピア(住所は名取市)と呼ばれる高級住宅地から眺める仙台市内の夜景は絶景だったりします。

3日は見事に晴れたので、家族一同で"みちのく湖畔公園"に出かけました。埼玉県で言うところの武蔵丘森林公園的な存在で、仙台の憩いの場所なんだろうと思います。駐車場代320円、入場料400円を徴収されるあたりも似ていたりします。 VFSH0008VFSH0010VFSH0006 VFSH0009

       

3日は17時半頃、仙台を出発。途中まで非常に順調で、21時過ぎには自宅に着くのではないかと思われましたが、那須高原で事故渋滞が発生。6KMの渋滞区間を抜けるまでに80分くらいかかり、結局遅くなりました。順調ならノンストップで帰ろうと思っていましたが、トイレに行きたくなったので高速から下車する岩槻IC直前の蓮田SAにて休憩。ここのSAのラーメンは"にんにくげんこつラーメン花月"、牛丼は吉野家が提供しています。思わず、にんにくげんこつチューシュー麺を食べてしましました。

■ 5月4日(水)~5日(木)

自宅でのんびり過ごしました。家族を仙台に置いてきたので、一人です。4日はGSで給油・洗車・エアコン掃除をしてもらった後、コクーン新都心⇒大宮駅西口⇒イオン与野という具合に市内お買い物ツアーを決行。

コクーンのPSFAでYシャツとネクタイを3つずつ購入。大宮ではスーツカンパニーで革靴を、GAPでシャツを購入。そして、イオン与野ではスニーカーと夕食食材(AGビーフ等)を購入。リーズナブルに安いものばかりを買ったつもりだけど、財布は空っぽになりました。

5日の今日も夕食材料を買いにイオン与野に行ってきました。うちから約1.2KMくらいの所にあるんですが、本当に便利です。こんな近所で何でも揃うんなら、東京なんて行く必要ないなと思ってしまいます。

marques_de_riscal ビールでも買おうかと思って酒コーナーを覘いたら、なんと好物のスペイン ワイン(リオハ)が安売りしているじゃありませんか!旅行したときに飲んだのと同じ銘柄のものだったので即購入。1480円也。

お酒がビールではなく、ワインになったため、食材も肉系のものに変更。ハンバーグ、生ハム、焼き鳥3本、トマト、カットサラダを購入。あー、ひとりで買い物すると結局好きなものばっかりになる・・・

余談ですが、ここの酒売場、ビールはおいておらず発泡酒しかないんですよ。これだけ店舗面積が広いのに、発泡酒は沢山の銘柄を揃えて箱積みしているのに、国産ビールは置いていないんです。ある意味、凄い割り切りだなあと思います。

こんな感じで、05年のGWが終わりそうです。

2005年5月 1日 (日)

メンター、OJT、アドバイス・・・

メンターってご存知ですか?

以下、日本メンター協会のHPから抜粋。

  • メンターが若年者や未熟練者(メンティー、プロテジェと呼ばれる)と、基本的には1対1で、継続的、定期的に交流し、信頼関係をつくりながら、メンティーの仕事や諸活動の支援と、精神的、人間的な成長を支援することをいいます。
  • 組織(職場)における人的資源開発、およびメンタル・ヘルス活動としてのメンタリング
     ・新入社員、女性社員、コア人材などの支援・育成のために…
     ・組織開発、職場風土の変革の手段として…
     ・メンタルヘルスの一環として…
  • えーと、定義なんてどうでも良いんですけど、要はですね、会社で新卒新入社員のお話を聞いて応援するメンターに指名されたんです。これから毎週、新入社員さんの仕事を通じた悩みや考え事を聞いてあげてですね、「ふむふむ、そっかー。でも、頑張れ」とか言う役割な訳です。私が担当するのは大阪採用で大阪勤務の女の子。
    さて、どういった展開が待っているのでしょうか・・・

    それから、今年度は自分の課に第二新卒の中途採用メンバーが二人配属されています。1ヶ月の研修を終え、5月からは職場に復帰します。今までも先輩として新卒社員や中途新入社員の面倒を見てきたことは何回もありますが、直属の上司部下として育成を担当するのは今年がはじめてです。

    それから、先週、「なかなか優秀だなあ」と見込んでいる他部署の後輩を食事に誘い、今後のキャリアについてのアドバイスをしてみました。というか、「自分の部署に異動を希望してみない?今の所属よりも成長のチャンスが沢山あるよ」と半分勧誘になってしまいましたが。

    そんなこんなで、今までも世話好きだった私なんですが、今年度はそんな自分の適性にチャレンジする年になりそうです。今までにコーチングの研修を受けたりもしてきました。でも、責任を持ちながら年下の育成やカウンセリングを行なうのは今年がはじめて。

    自分も彼らから刺激を受けながら成長できればいいなと思っています。

    « 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »