無料ブログはココログ
フォト

« 寝坊⇒結婚式 | トップページ | 街の風景①(与野公園~大宮) »

2005年5月29日 (日)

おそるべし

先週、グロービスの授業に寝坊して欠席したこともあり、今週は生徒同士で開催している勉強会に参加してきました。先週も毎晩の帰宅が0~1時の間であったため、体力的に限界を感じ、土曜日の朝の起床時は「勉強会なんて行きたくないな」とか一瞬後悔したりもしました。でも、行ってよかったです。

とにかく、会社以外の世界でいろんな人と出会い、話し合い、切磋琢磨することがとても大切である。改めてそのように思いました。

何が「おそるべし」なのかというと・・・昨日の勉強会は6名でやりました。場所はグロービスが開放している勉強会ルームにて。テーマは受講中のクリティカルシンキング。現在、勉強している所の復習です。

1.問題となる文章と設問(Aの意見とBの意見のどちらを取るか)を読む

2.再度、設問のポイントを抑える(何を回答すればよいのか)

3.自分が選択した意見を立証するためには「何を言うべきか」を考える

4.文章に戻り、文章から”メッセージ群”を抽出する

5.メッセージを束ねて上位メッセージをひねり出す

6.上位メッセージを束ね、自分が選択した意見の立証となるような言葉を作る

これらの作業を「ピラミッド状」の図式に纏め(通称ピラミッド・ストラクチャー)、ロジックの元とする。そして、ピラミッド・ストラクチャーを元に文章を起こす。

自分が作ったピラミッド・ストラクチャーを他の人に発表し、良い点と悪い点を突っ込んでもらうという勉強会です。

正直、自分は論理志向とか文章表現とか、けっして苦手な方ではないと思っていました。診断士の勉強や実務を通じて鍛えてきたつもりだし、自分の強みとして認識してきた部分です。

でもね、世の中広いというか、俺自身が「井の中の蛙」ということなのか・・・一緒に勉強したメンバーの中で最年少、25歳の青年(現在は就職せず、勉強と遊びに専念をしている方)に論理志向で全く太刀打ちできないんです。会社では考えられない展開です。とにかく、彼の頭の回転の速いこと!機転の利くこと!俺の頭が旧式の機械ではないかと思うほどです。なんとか話題についていき自分の見解を述べるも、結局その見解は彼の意見をサポートするものにしかなりません。改めて会社の外の人たちと深く交流することの意義を強く感じました。

勉強会が終わったあと、天才的な彼ともうひとりのメンバー(26才)と一杯だけ飲みに行きました。彼らの凄いところは、勉強にも熱心だけれど、お遊びのほうも非常に盛んなところ(笑)俺達の年代(30代中盤)にはあまり存在しなかった人種ですね。遊ぶか、ガリ勉かどちらかでしたから。きっと、5年後、10年後には彼らのような人材がビジネスの世界の第一線で活躍しているのだろうと想像します。

正直、天賦の才には抗いようもないと思いますが、私自身もこれからまだまだ頑張っていかなければなりません。厳しくなる一方の雇用環境を乗り越え、家族を食べさせていくために、あるいは自分のやりたいことをビジネス上で実現させるべく、自らを鍛えていかなければなりません。

「身の丈にあった方法とスピード」で頑張ります⇒自分の能力をわきまえて、無理の無い目標を立て、自分なりのペースで努力していきます。

« 寝坊⇒結婚式 | トップページ | 街の風景①(与野公園~大宮) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62163/4322710

この記事へのトラックバック一覧です: おそるべし:

« 寝坊⇒結婚式 | トップページ | 街の風景①(与野公園~大宮) »