無料ブログはココログ
フォト

« 新たな出発 | トップページ | 育成することの難しさ »

2005年10月 9日 (日)

ML解散に関する本音とこれから・・・

先週、スキーのメーリングリストが解散になったことは既に書きました。個人的には、沢山楽しいことがあったり、コミュニケーションを活発にしようとか、新人さんをサポートしようとか考え、コメントを頑張って沢山書いてきた経緯もあったので、やっぱり淋しいです。埼玉に住む沢山の仲間とまだまだ新たに出会い、どんどん色んな所に滑りに行こう、そう思ってました。

今回の解散については、メンバーそれぞれ捉え方が違うのではないかと思います。過去の関わり方とか、その人それぞれの思いによって異なって当然であり、どのような考え方も間違いではないだろうと思います。そういう意味では、私自身の思いも間違いではないだろうと思います。

今回の解散を実行された方は、皆の総意とは関係なく、解散をしようと決めた訳です。本人としては、メンバー同士が連絡を取り合う代替手段(HPなど)は幾らでもあると考えていたと思います。そして、複数の選択肢の中から自分にとってベストなものを選択したのだろうと想像します。個人的には断片的ではありますが、以前から彼の考えを聞くことがあったので、「あー、ついにやったか」という感じがしました。

ただ、かえすがえす思うに、もう少しみんなに説明があっても良かった。解散という方法を選択した理由の説明ですね。そして、少しだけでもリセットの期限を遅らせても良かった。更にいえば、もっと違うベターな方法があったはず、そういう思いは断ち切れません。最終的に自分の考えを通すこと、これを否定しようとは思いません。人間ですから、自分の持っているカードから、自分の考えで方法を選択するわけです。ですから、みんなの意見と違う手段を選ぶこと自体は致し方ないと思います。ただ、その前提において、周囲の人ときちんとしたコミュニケーションを取ることが大切ではないかと思います。コミュニケーションが不十分だと、周囲の反感を買うこともあるでしょう。今回、彼がメンバーから反感を買うことも覚悟して実行したのであれば、それはそれで仕方のないことだと思います。

今後について、過ぎ去ってしまった出来事は仕方ないことなので、楽しく前向きに活動ができれば良いと思います。今後の活動方向性については・・・・どうなるんでしょうか?そろそろ分かるようになるのかな?

まだまだ上手くなりたいよね。コブもフラットバーンも、深雪も楽しく滑れるようになりたいよね。そして、国内外の大きなゲレンデを一緒に滑りたいよね。スキーは生涯スポーツというし、同じことを考えている仲間さえいれば、これからもきっと楽しいスキーライフをおくれるはず。そう思っています。

« 新たな出発 | トップページ | 育成することの難しさ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62163/6313999

この記事へのトラックバック一覧です: ML解散に関する本音とこれから・・・:

« 新たな出発 | トップページ | 育成することの難しさ »