無料ブログはココログ
フォト

« 雪が沢山なのに・・・ | トップページ | 仙台での年越し »

2006年1月 3日 (火)

02.舞子後楽園スキー場

VFSH0023

今シーズン、やっと2発目の滑走です。舞子後楽園はコースバリエーションは少ないものの、大回りができるフラット中斜面があるので、シーズン初めの練習には向いていたりします。

朝はこんな感じで曇っておりました。多少気温が高いのは気になりましたが、リフト始動の朝一から滑れたせいで快調でした。いや、ピステンがかかった中斜面を早い時間に滑るのは気持ちよいね。今シーズン初の”思いっきり大回り”が出来ました。正月2日ということもあって、下部の緩斜面はファミリースキーヤーで混雑していましたが、上部の奥添地ボウル、後楽園ゲレンデの中上級コースはそれほど人も多くは無かったです。

今回の参加者は12名(スキーヤー7、ファン1.5 ボード3.5←1名は午前中ボード、午後からファンで滑走していたため、各々0.5換算)。午前中2時間くらいはスキーヤー7名で奥添地ボウルと後楽園ゲレンデのドルフィンAコースを爆走。10時以降、昼を挟んで15時までは、じゅん、ロゴ、まっちゃんと4名にて、ドルフィンAコースでの大回りを中心とした滑走を楽しんできました。沢山の仲間と一緒に滑れたので、楽しく過ごせました。

お昼は後楽園ロッジのバイキングでしたが、個人的には200円高くても後楽園ホテルのバイキングの方が好みかも。デザートもあったりするので。

今日は切り替えの感じ(荷重→谷足足裏の切り返し→両足平踏み)が大分つかめ、左右のターンが均等にできるようになった気がします。あと、主に大回りの時ですけど、ターン最中の身体の向きをターンの内側に向けるように調整したり、足裏の左右前後の傾斜角を積極的に動かしたりしたおかげで感覚が戻ってきたような気がします。コブを全然滑れなかった(朝一で身体が全く動かず)ことが少し残念ですが、次回以降に少しずつコブにも入っていこうと思います。

スキー場までの移動は行きはスムース、かえりはちょっと渋滞。ま、15時に上がったのでひどい渋滞というほどでもなく助かりました(藤岡で高速を降りたのは失敗)。次は、来週のルスツ3日間です。

« 雪が沢山なのに・・・ | トップページ | 仙台での年越し »

「スキー関連」カテゴリの記事

コメント

じゅんさん、お疲れ様でした。
まーさん、今週末宜しくです。

まーさんは体力あると思いますよ。それはハイキングの時に痛感しました。少なくともあのときの男3人の中ではおいらが一番駄目駄目でした。

やっぱ、歳のせいか・・・

まーです。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

僕は元旦に一人実家近くのスキー場に行ってきました。道はガラガラ、Kんさんばりの軽ワゴンで下道をぶっとばし、1時間半で着きました。

はじめて行ったスキー場ということもあり、
人生初のスクールに入ってみました。
ま、内容は基礎的なことが多く、詳細は割愛しますが、イントラさんに“体力あり余ってますね”なんて言われました。シーズン13日目だし、体も十分慣れてきてますから・・・

え~、内容はまたルスツのときにでもお話できれば
と思います。
では、北の大地でお会いしましょう。

舞子ツアーお疲れさまでした。
今シーズン、一緒に滑ったのは初でしたね。

僕はまだ、完全に感覚を取り戻していないような感じです。
また一緒に滑りましょう!

では、北海道楽しんで来て下さ~い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62163/7976986

この記事へのトラックバック一覧です: 02.舞子後楽園スキー場:

» 第4回スキーツアー in 舞子後楽園 ~渋滞コンビ最強伝説~ [つぶやく?]
2006年 戌年 1発目 行ってきました! [続きを読む]

» 1/2 新年一発目!舞子後楽園に行ってきますた [一般庶民の独り言 ~勢いと惰性のリアル日記~]
SnowFriedns新年一発目企画! 今回は舞子後楽園スキー場へ! 例によって基本的な内容はこちらで http://snow-friends.seesaa.net/article/11287592.html 最近は一人で自分のレベルにあった斜面でガンガン滑るのが楽しかったりします。 技術的なことはなんともわからなかったりしますが、なんとなく上達したような気がします。 やっぱり滑れば滑るほど少しずつでも上達していくでしょうから、今シーズンはたくさん滑ろうと思う今日この頃です。 まだ自然に体が動... [続きを読む]

« 雪が沢山なのに・・・ | トップページ | 仙台での年越し »