無料ブログはココログ
フォト

« 05.六日町八海山スキー場 | トップページ | 07.安比高原スキー場 »

2006年3月 4日 (土)

06.野沢温泉スキー場

98年3月に国際技術選を観に行って以来8シーズンぶり、通算4回目の野沢です。野沢といえば、長いコブ斜面(ユートピア・シュナイダー)、長い歩き(旅館地域とスキー場が遠い)、長い”立ち”ゴンドラ・・・と実はあんまり良い思い出がなかったんですけどね。あと、旅館も古くて小規模な所が多いという印象。さて、今回は?

【初日(25日)】

この日は快晴。気温高く(多分+4℃くらい)春スキー模様。しかし、10年前を思い出させるようなスキー場の混雑。リフト・ゴンドラ待ちで15分以上待ったのは何年ぶりでしょうか?東北や群馬新潟と違い、信州のスキー場は関西弁のお客さんが多い。多分、人手の違いはここだろうと思っています。アルペンスキーの草レース大会が開催されており、レースを見たり、或いは出場するサークルメンバー”Kさん”を応援しながら、合間合間で滑りました。というか、多分それくらいのペースで丁度良かったかも。やはり、野沢はゲレンデ的に楽に滑れるところではないです。コブは勿論のこと、他のところも狭くて(人も多い)長く、おかげで雪面も荒れているので結構足にきます。それでも、コブはゆるんで滑りやすく、練習になりました。午前中は、やまびこ→上の平を1回滑った後、パラダイス⇔シュナイダー⇔ユートピアあたりを滑走。レースが終了した後、午後から滑った日影→柄沢エリア、こっちのほうが個人的には好みかも。なんか、修行用の斜面みたいに地味で人が少なく、そんな雰囲気が好きです。

午前中は少し足が重かったものの、午後はコブや急斜面を中心に楽しく滑りました。

VFSH0001 028A 033A VFSH0003A 028A

【初日夜】

リフト終了までしっかり滑り、17時過ぎに宿へ戻る。宿泊した宿は民宿と命名しているものの、部屋は広くて綺麗、おかみさんも気さく、しかもリーズナブル。夕食を食べていないので食事の方は今ひとつわからないものの、結構良い宿だと思いました。さすが、まーさんの発掘宿。早めに入浴を済ませ、野沢の温泉街に出陣。えーと、夜の街は銀座の賑わい(ちょっと大げさ?)。でも、本当に凄い人手、居酒屋はどこも満席で入れないし。結局、空いていた蕎麦屋で簡単に済ませ、その後は立ち飲みバーみたいなところで一杯だけ飲む。バーはお姉さんひとりで接客しており、かなり大変そう(お姉さん、結構恐いし)。そこでは、昼間の草レースを撮影したビデオを大画面で見せていました。他人の滑りをじっくり見ながら研究しているメンバーの姿が印象的。10時半には宿に戻り、五輪を見ながら軽く飲んで寝ました。

VFSH0004 VFSH0005 VFSH0006

【2日目】

予報とおかみさん予告通り、外は雨・・・・朝起きたときは全く滑る気を失っていましたが、それでもまーさんの一声で全員準備開始。10時少し前から滑走しました。一発目のスカイラインコースはキツかった。最近、滑り出しから昼前まで、足裏がつることが多く(タラタラ滑れば平気)、この日も思いっきり足が痛くなりました。ウォーミングアップを工夫するとか、ブースをいじならいとかなり辛いです。

スカイラインを滑った後は、前日に引き続きスーパーGの草レースを観戦。昨日はゴールできずにDFだったKさんも、この日は完走。おめでとう、記録が残ったものね。

昼食は2日連続でチャレンジコース下の食堂(名前忘れた)で定食を注文。ここの食事は街の定食屋さんみたいで、量が多く、味はアットホーム。結構気に入りました。

午後になると、午前中の小雨が本格的な雨に変わりました。昔、蔵王でスクールレッスンを受けている途中で大雨になったことがあり、ウェアから下着までずぶ濡れでえらい目にあいました(帰りと帰った後のウェアの手入れが大変だった)。その後に登山用の雨具を購入しており、今回は持参して着用しました。結局、雨具の下はほとんど濡れることがなく、役にたちました。多少の雨でも滑りたいがっつり系のスキーヤーにはおすすめです。

033A

午後はしばらく日影のコブで練習モード。短い斜面だけど、繰り返し滑ると良い練習になる。先生役のまーさんもそうでしょうけど、他の3人も随分進歩したと思います。1年前に菅平のスキー学校のコブ2日間コースに参加していた3人ですが、少なくともあの頃とは見違えるくらいじゃないでしょうか。最後のじゅんさんの一本、良かったね。

結局、その後に長坂・上の平まで登るものの、風でリフトが運休になっており15時過ぎに滑走終了。帰りはKさんと合流し、温泉に入って野沢出発は18時半。埼玉には23時頃の到着となりました。皆さん、お疲れ様でした。ロゴさん、運転有難う。まーさん、また来年もきっと滑りましょう。

045A

« 05.六日町八海山スキー場 | トップページ | 07.安比高原スキー場 »

「スキー関連」カテゴリの記事

コメント

野沢ツアーお疲れさまでした。
腕組をして坊主頭にサングラス、怖い人に見えてしまいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62163/8943637

この記事へのトラックバック一覧です: 06.野沢温泉スキー場:

« 05.六日町八海山スキー場 | トップページ | 07.安比高原スキー場 »