無料ブログはココログ
フォト

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月28日 (日)

今月の勉強会テーマ

1月も第4週の土曜日、ということで定例の勉強会@中小企業会館がありました。

今回のテーマはフランチャイズビジネスの要点。いや、非常に濃い内容でした。先生が城南支会の支会長ということもあり、皆さん大変楽しみにしていたのですが、素晴らしい内容でした。

今回学んだことは、フランチャイズビジネスに限らず普遍的なビジネスとしての鉄則の面。そして、フランチャイズ展開する本部(フランチャイザー)、或いは加盟店(フランチャイジー)の視点で見た場合の留意点といった2つの側面で学べたのがとても分かりやすくて理解できました。

基本的には、儲かる儲からないの前に、エリアで展開するビジネスとしてニッチで類似サービスと明らかな差別優位性があること。これによって、店舗の利用者を惹きつけるものがあることが大原則。あったり前のことですけどね。そうでないと、ロイヤリティーやら経営指導の面で本部と加盟店との関係に矛盾が生じてくるだろうとのこと。果ては、某お菓子屋さんFCチェーンの賞味期限切れ原料使用問題のように、利益を上げるために社会的な不正を会社ぐるみではたらいてしまうなどの不都合が生じやすいとのこと。いや、ごもっともです。

今回、先生が特に協調していたのが、本部が商標登録を行う際には、チェーン業務の区分登録だけではなく、第35類という経営指導に関する区分の登録をしていることが肝だと仰っていました。加盟店から本部を見る視点として、本部が加盟店に対する運営時のノウハウ提供を行う気があるチェーンなのか否かを見極めるポイントとなる、とのことでした。

2007年1月25日 (木)

本部全体会議での事例発表

先日の3分間スピーチで少し反省したため、今回の10分間の発表では資料、説明ともにそれなりに準備して臨みました。資料はたった9枚のスライドを作るのに1日をかけ、発表準備では2時間くらいかけました。

結果、”本部最優秀賞”ということで商品券を頂戴しました。来年度のスタッドレスタイヤ購入費にでも充てさせていただこうかと思います。勿論、一緒に働いている「現場」の方にも多少の還元はさせていただこうかと考えております。ハイ。

今回の事例発表は、私自身がこの会社で最も頑張ってきたことを発表したので、ある意味「集大成」と言っても良いかなと思っています。集大成ということは、来年は同じことをやっていては進歩がないということなので、同じ会社で頑張るか否かは別として、新しい役割に挑戦していくことがどうしても必要なんだろうと思います。

今年のおみくじに書いてあった「何事もほどほどに、控えめにを」意識しながら(笑)

2007年1月24日 (水)

1/21 川場

交通状況、天候、ゲレンデコンディション、ゲレンデの空き状況の全てに恵まれ、川場ゲレンデのポテンシャルが高いことを発見した1日だった。

Vfsh0010_1 Vfsh0012_1

昨今、大回りが気持ちよくできる斜度・広さ・長さのある斜面、またはコブ斜面のどちらか(或いは両方)がないと滑りに行っても満足できなくなっている。

川場はコブと混雑のイメージがあったけど、適度な斜度のロングコースが2つ以上あることは新たな発見だった。気持ちよく滑れたのも、混雑していなかったことによることが大きいのだろうと思う。それにしても、高手山から滑る整地⇒不整地のロングコース(高手スカイライン)は素晴らしい。安比のザイラー上部をイメージできるくらいの充実度。足慣らし(大回り)には、白鳥スカイラインでゲレンデベースまで一気に滑るのも上々。

勿論、コブ斜面も良いと思う。無名峰トライアルのモーグルバーンは、私には敷居が高くて滑らなかったけど、無名峰ダウンヒルでも練習には十二分だと思う(丸沼のシルバーコースに似ている)。コブが切れており、下の方は間隔も狭かったので、うまく滑れず残念。

コブの溝から山にかけて、衝撃を抱え込もうとする、或いは板を横に向けようとする意識が強すぎるのか、身体が遅れたり、腰が回ってしまうケースが大半。午後はなんとか、次のストックをコブ山に突くことを意識したので、身体のローテーションは少し解消されたけど、うまく衝撃を吸収できないがために間隔の狭いコブの中でポジションをキープすることができなかった。

もう少し、気楽にコブに入り、「コブに足が突き上げられる」くらいのイメージでコブを吸収していくよう意識していきたいと思う。身構えて、腰を落としてしまうから身体が遅れてしまうのだろうと思う。少し余裕が出てきたら、コブの裏で足を伸ばせるように腰をもっと前にもってこれるように意識しようと思う。そうすれば、板を無理に横にしなくとも、良いポジションのままスピードコントロールと次への準備ができるよになる、はず。それが昨年終わりころの感覚だったと思う。

2007年1月19日 (金)

3分間スピーチ

昨日は、会社の朝礼でスピーチをする当番だった。なかなかネタが無かったが、前の日にちょこっと考えてノートに流れを書きとめておいた。

で、喋ったのだけれど、”どもって”しまったり、「まあ」とか「はい」とか言葉のひげがたくさん
付いてしまって、あまり良いできとは言えなかった。時間は意識していなくても、不思議とオーバーしないんだけどね。

反省としては、あまり伝えるべきニュアンスや内容を欲張らず、少ない言葉で伝えるような意識がないと実際に喋る際に失敗が多いのだろうと思う。どうでも良いけど、今日は寒い日ですね~。寒いのに昼食で冷たいサラダうどんを食べたからかな?

2007年1月18日 (木)

地球温暖化

火曜日にニュース23を見ていたら、地球温暖化についての特集をやっていて、元アメリカ副大統領のゴア氏が出演していた。この人が地球温暖化問題のために世界中を周って講演しているのは知っていたけど、実際に話を聞くのは初めてだった。

改めてこの問題の影響と現状の世界的な動き(日本をはじめとする排出国の取り組みや業や国民の意識)を見てみると、ここ10年くらいで起きている世界的な問題の中でも最も深刻な問題ではないかと思う。その理由は影響範囲(地域と年数)、そして問題に対する打ち手の遅さと弱さである。

番組の中では日本人に対するインタビュー、アフリカで干ばつに直面している部族の生活
などが盛り込まれていた。アフリカの部族の人たちが、気候の変化に対して、素直に人間の営みを反省しようとしている姿が印象的だった。日本人の多くも、主婦を中心として関心が高いようで、スーパーの買い物袋持参、タクシーのアイドリングストップなど、個人でできる事をしていこうという意見も多かった。一部の若者が「(そうはいっても)今は生きていけないんだからしょうがないんじゃないの?」と言っていたのは非常に残念でもあった。やっぱり平和ボケしている人もいるんだろうなと思った。

日本人の個人生活を通じた意識があれば、必ず企業も変わるはず。企業は消費者の意向に応じたサービス展開をしないと事業を継続できないわけだから、逆に個人の関心が低いと企業側も変わらない。企業は所詮、経済合理性を追求する組織だから(本当は積極的なCSRへの取り組みも必要だけど)、やはりユーザーが「地球に優しくない企業の商品は買わない」という意識で日々を過ごすことが大切じゃなかろうかと思う(私個人も他人ごととせず、考えていこうと思う)。

2007年1月16日 (火)

いなか風煮しめ定食@サザンテラス

昨日、夕食をサザンテラスにある新宿みやざき館でとりました。

昼食でサラダを採ったものの、一日の野菜目標摂取量には達していなかったので「何か夕食で野菜っぽいものを採りたいな」と考えながら歩いていました。帰宅してからは、ジムに行って走るつもりだったので、おなかに溜まるものは嫌だなあ・・・とか考えつつ。

で、駅に入る直前にみやざき館の中にある軽食コーナーを発見し、夕食を採ることとしました。この”いなか風煮しめ定食”なんですが、ごぼう、にんじん、いも・・・などの根野菜がたっぷりと入っていて、非常にヘルシーでした。そして、値段も600円と大変リーズナブル。

メニューとしては、他にはハンバーグ煮込み定食、カレー、チキン南蛮などあったおすすめです。

2007年1月15日 (月)

もっと野菜を取らねば・・・

昨日放送の「あるある大辞典」は、ガンの発生率抑止のための野菜摂取がテーマだった。米国がガンの予防のために国を上げて野菜摂取を促し、効果も出ているのに対し、日本人の野菜摂取は毎年下降傾向だとか。

そもそも、国が推奨する食事バランスは、

  1. 野菜と果物の量が最も多く、
  2. その次に主食(コメや麦、麺類)
  3. そして主采(肉や魚、卵、大豆等のたんぱく質)
  4. 最後に乳製品であるとのこと

内閣府が監修している「平成18年版食育白書」によると、20~30代の野菜摂取量が他の年代に比べて低く、また外食する割合が高いほど野菜摂取量が少ないとの統計が掲載されている。日本の外食環境は、野菜を十分に取ることが難しい状況である・・・そして、忙しく、外食をすることが多い+健康に関心が低い年代が20代と30代である・・・ということなんだろうと思う。

さて、自分を振り返ってみるとどうか?相当内容に気を使っていたはずなのに、実際には主食(ご飯と麺類)、主食(大豆や魚)が多く、野菜は相当に不足しているように思える。今までは野菜を取る目的が、ビタミン類と繊維の摂取だと思っていた。だから、「野菜不足は
サプリメントで補えばいいじゃん」という考え。しかし、昨日の「あるある」だと、野菜にはベータカロテン等のビタミン摂取による抗酸化機能のほか、解毒機能とDNAの修復機能も重要な機能らしい。とすると、「野菜不足はサプリで補えばいいじゃん」という発想は健康な身体づくりには通用しない。あと、果物は野菜とは別枠で一定摂取することが望ましいらしい。野菜の1日あたり摂取目安がげんこつ5つ分、果物が2つ分だそうな。

毎日の三度の食事を個別に見てみる。まず、朝食でご飯と納豆、プラス魚や卵など、主采を2品取っているケースが多い。野菜はもずく、芋、ひじきなどを取って
いるものの、明らかに主食が多い状況だ。まず朝食の主采1品を野菜に置き換えるよう家族に相談してみようと思う。

それから、昼食と夕食。平日はこの2食は外食でまかなうことが多く、野菜類をたくさん摂取できるようなお店探しがポイントになりそう。野菜中心に提供する店が少ないってことは、まだまだ日本人の嗜好がそうなって無い証拠だろうと思う。これだけ健康ブームなんだから、サラダバーなんかを安く提供してくれる定食屋やレストランのチェーンが登場しても
良いのではなかろうかと思ったり(というか希望)。米国では、サラダバーが相当普及しているらしく、羨ましいなあと。

果物に至っては、週末の朝食にりんごなどを少し食べるくらいだ。

当面は、大戸屋でサラダ+少な目の主食と主采を注文するとか、コンビニサラダを活用するとか、できることからはじめてみようと思う。緑黄色野菜、きのこ類、そして果物を、毎日少しでも食べられるように頑張ってみる。後はりんご or みかんを毎日食べるようにするとか。

2007年1月14日 (日)

1/13 舞子後楽園

2年ぶりの舞子、天気も2年前同様に雪模様でしたが、寒くは無く、まずまずのコンディションでした。雪もやっとシーズンらしい量になり、コブまでには成長していないものの、不整地っぽいところも滑れました。

Vfsh0009 Vfsh0010 Vfsh0011

とはいえ、舞子のゲレンデでは斜度、距離とも不足を感じます。アクセスは良いんだけれど、足慣らし専用のゲレンデかな?という感想です。午前中は奥添地ボウルの中斜面を、午後は後楽園ゲレンデのトリプルリフトを中心に滑走しました。昼食は定番の後楽園バイキング1800円也です。

この日は7人で行き、スキーヤー2名(私も含む)、ボーダー3名、ショートスキーヤー2名が参加、私はスキーヤーの方とボード上級者の方と滑りました。

前回の宝台樹初滑りでも、少し表面が荒れた中斜面に最初のうち苦戦したのですが、今回も午前中の数本は全く同様に、身体を無理に回しこんでしまい、ターンの後半にスキーが真横に走ってしまう状況でした。そう、素直にスキーを下にずらして落ちていけないんですね。横滑りの練習が必要かな?と思ってしまいました。整地の中回りも谷足のインエッジにうまく乗り込めておらず、自分でも「なんちゃってカービング」な滑りだなあという実感がありました。

午後は横滑りを意識し、荒れた斜面では「”ずらし”ながらも進行方向を気にしながら丸く滑ろう」「切り替えのときに重心を谷側に落としていこう」という意識で、整地では足裏の重心移動と荷重のリズムを気をつけて滑ってみました。片足滑りでは、左足のアウトサイドに乗れなかったので、右足荷重の際に左右のバランスが悪いことに気づきました。案の定、夕方、右足のももに筋肉痛を感じはじめました。次回へ向けた課題は、引き続き不整地でのずらしと荷重移動、そして整地での左右バランスです。

さて、この日の楽しみはスキーよりも食事でした。昼食のバイキングはまあまあ(値段も高いし)として、高速に乗る前に連れて行ってもらった喫茶店のチーズケーキ、夕食に連れて行ってもらった三好町のイタメシ屋さんは本当に美味しかったです。特にイタメシは食べやすくて、個人的に気に入りました。もともと、イタメシは好きなほうで、久しぶりでもありました。

Vfsh0012 Vfsh0013

2007年1月12日 (金)

J-CLUBってジャンル

最近、J-CLUB(またはCROSSOVER JAZZってジャンル)の音楽を聴いています。そもそも、そんなカテゴリーがあるって知らなかった(⇒おじさん?)。沖野修也とか、DJ KAWASAKIとか、そういうDJの人たちのセレクションだったり、JAZZっぽいサウンドを奏でるアーティスト達のカテゴリーのようです。

知るきっかけになったのは、最初はFMを聞いていて。沖野修也の国際的な活動内容を聞いて「格好いいなあ」と思いつつ、流れてきた音楽を聴いたら、なんともCOOLなこと!昔からちょっとCOOLな曲がお気に入りで、日本でSOULっぽい曲が流行る前(15年前くらい)から、主に洋楽のR&Bをよく聴いていました。ただ、最近はなかなか気に入ったアーティストが見つからなくて、J-POPのSOULっぽい曲をよく聴いていました。でも、マンネリなのと、どのアーティストも同じような感じなので、なんか満たされていなかったんです。

と言いつつもしばらくは忘れていたんだけど、最新号のTarzanを見たら、「走る人たちのための音楽」ってことで沖野氏とNIKE & Appleがタイアップして出したアルバム(Nike+Improve Your Endurance )が紹介されていたので、思い出してCDを買いにいきました。APPLEのMUSIC STOREだと、形のあるものが買えないのと、車用にMDに落とすのが面倒なのでCDを購入することにしました。

新宿のTOWER RECORDに行ったんだけど、ジャンルが不明でさんざん探した。いや、おじさんには分かりにくいよ、あの店舗のレイアウトは。本屋みたいに在庫と売場を検索できる端末も無いし、店員さんも少なくて忙しそうだし。散々探して、JAZZコーナーの奥にJ-CLUBってジャンルのコーナーがあって、そこにありました。

結局視聴をして、今回は沖野修也ではなく、DJ KAWASAKIのBEAUTIFUL TOOを購入し、IPODに落として聴いています♪

2007年1月11日 (木)

滑りたいけど我慢・・・かな

今週末まで家族が田舎に帰省しているので、本当は週末に滑りたいんだけど・・・なんせ、やらなきゃいけないことを昨年から放置しているので、遊んでばっかりいられないなあと。毎年冬場はスキー優先で色んなものをないがしろにしてきたのだけど、今年は流石にそうもいかないだろうと思う。

まず、やらなきゃいけないのは、診断士の勉強会に提出するレポート。こいつが来週月曜日が締め切り。次に会社の研修の事前学習。こいつは約1月猶予があるが、今のうちに着手しないと、どうせやらなそうなので。それから、最後はキャリアの棚卸し。これはじっくり落着いた環境で考えなければならないので、やはり家族が帰ってくる前に着手したい。

先週の3連休は車のバッテリーやオイルを交換したり、新年会が入ったりと結局何もできなかったから、仕方なし。あー、天気の良い日に滑りたい・・・

2007年1月10日 (水)

今年の初詣とおみくじ

もう大分過ぎてしまったけど、今年は1月2日に家族が田舎に帰るのを見送った後、ひとりで大宮の氷川神社に行ってきました。

2日は午前中家族を送り、午後はジムに行き、夕方18時半頃から車で大宮に向かいました。神社近辺は駐車場も満杯だろうと思い、1.5KM程度離れた吉敷町のコインパーキングに停めました。歩いていく途中、大門町のコインパーキングは空いていたようなので、ちょっと失敗したな・・・とか思いつつ。

参道は1km近く続きますが、道は露店でいっぱい。さっさとお参りして帰りたい私としては外の車道をはや歩きでさっさと歩いて向かいました。んーちょっと淋しいか。お札を納め参拝し、おみくじをひく。おみくじはここ数年、良い運勢をひいた覚えがない。

思いおこせば、学生の頃までは吉、大吉、中吉、小吉などしかひいたことが無かったけど社会人5年目くらいに仕事中に浅草寺で凶を2回連続でひいて以降は、末吉とかそんなもんばっか。確か去年は「平」だったような。「平って何だ?」って思ったことを覚えている。

で、今年は久々に「吉」だった。概ね良いことが書いてあったけど、2つ留意事項があった。1つは、失くし物はなかなか見つからないだろうとのこと。2つは、何事も控えめ、ほどほどがよろしいとのこと。「出る杭は打たれるともいう」とまで書いてあった。
まあ、おみくじなので偶然だけど、個人的には非常に心当たりがあるなあ、今年は気を
つけようと思う。

意見として客観的に正しいこと、気をつかってを発信したとしても、相手の気分や受け止
め方でマイナスに取られてしまい、損をすることもあるよなって。せっかく気付いたことがあっても、軽く接触した後に相手の状況を見て、場合によってはやり過ごしてしまうのもテクニックの1つなんだろうと思う。ま、大人の世界?みたいな(納得いくように話し合う方が性に合っているので、本当は嫌いだけど)。

とりあえず、家族が健康で過ごせる1年でありますように、といつもの通り御願いしました。

2007年1月 5日 (金)

1/3 水上宝台樹

今シーズンは雪が少ない、忙しいなどの条件が重なり、初滑りが年明けに
なりました。

全面滑走可といっても、積雪量が少ないので所々地面が見えています。
急斜面には元々雪がつきにくく、滑ってもあんまり面白くないので
尾根上の急斜面2コースは誰も滑っていないようでした。

雪面は朝から昼まではガリガリのアイスバーンで、表面が荒れている斜面は
非常にすべりづらいコンディションでした。
午後は適度に雪も緩くなったので、中斜面も気持ちよく滑れました。
石を踏んでしまって、板に傷がついちゃったけど。

天候は一日を通して晴天で気持ちよく滑ってきました。

Vfsh0011_1

5時半に鶴ヶ島を出発して8時半には到着。帰りも16時くらいに出発して
18時過ぎに鶴ヶ島到着と渋滞も少なく行き帰りとも快適でした。

この1年間、コンスタントにジムに通っていた成果なのか、体力的には前年
と比べると非常にUPした印象です。滑っていてすごく感じました。
なるべく、丸い弧を描いて滑れるように、中回りくらいの大きさで切替を早めに
行うよう注意しました。あと、先方向への目線ですね。
腰中心でターンをしていたので、小回りがなかなか上手くいかず、夕方近くなって
から、足首と膝を中心点とした切り替えをするように滑りました。

また、ボードのメンバーとも一緒に滑れたのも楽しかったです。
次回は、もっと色んな斜面(コブや急斜面)を滑れるコンディションだと良
いなと思っています。

2007年1月 1日 (月)

2007年

新しい年、去年できたこと(&できなかったこと)。今年やるべきことを整理してスタートしよう。

去年できたこと

  • ダイエット(継続した週3回以上の運動)
  • 診断士としての活動再開
  • 安比や北海道でのスキー
  • 家族とのコミュニケーション(旅行や買い物)

できなかったこと

  • 株の勉強
  • 今後の仕事に関する下調べ⇒活動
  • 貯金

今年やること

  • 去年できなかったこと2つ(仕事のこと、株の勉強)
  • 貯金はどうせできないので「月々の節制」に変える
  • 運動の継続(週2回以上を目標とする)
  • 診断士活動の継続
  • 家族サービス
  • 外国語の勉強

最後の一つ以外は全部継続なので、なんとか頑張りたいけど、最後の一つはどうかな~。結構難しそうかも。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »