無料ブログはココログ
フォト

« いなか風煮しめ定食@サザンテラス | トップページ | 3分間スピーチ »

2007年1月18日 (木)

地球温暖化

火曜日にニュース23を見ていたら、地球温暖化についての特集をやっていて、元アメリカ副大統領のゴア氏が出演していた。この人が地球温暖化問題のために世界中を周って講演しているのは知っていたけど、実際に話を聞くのは初めてだった。

改めてこの問題の影響と現状の世界的な動き(日本をはじめとする排出国の取り組みや業や国民の意識)を見てみると、ここ10年くらいで起きている世界的な問題の中でも最も深刻な問題ではないかと思う。その理由は影響範囲(地域と年数)、そして問題に対する打ち手の遅さと弱さである。

番組の中では日本人に対するインタビュー、アフリカで干ばつに直面している部族の生活
などが盛り込まれていた。アフリカの部族の人たちが、気候の変化に対して、素直に人間の営みを反省しようとしている姿が印象的だった。日本人の多くも、主婦を中心として関心が高いようで、スーパーの買い物袋持参、タクシーのアイドリングストップなど、個人でできる事をしていこうという意見も多かった。一部の若者が「(そうはいっても)今は生きていけないんだからしょうがないんじゃないの?」と言っていたのは非常に残念でもあった。やっぱり平和ボケしている人もいるんだろうなと思った。

日本人の個人生活を通じた意識があれば、必ず企業も変わるはず。企業は消費者の意向に応じたサービス展開をしないと事業を継続できないわけだから、逆に個人の関心が低いと企業側も変わらない。企業は所詮、経済合理性を追求する組織だから(本当は積極的なCSRへの取り組みも必要だけど)、やはりユーザーが「地球に優しくない企業の商品は買わない」という意識で日々を過ごすことが大切じゃなかろうかと思う(私個人も他人ごととせず、考えていこうと思う)。

« いなか風煮しめ定食@サザンテラス | トップページ | 3分間スピーチ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62163/13556810

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化:

« いなか風煮しめ定食@サザンテラス | トップページ | 3分間スピーチ »