無料ブログはココログ
フォト

« 家族旅行@越後湯沢 | トップページ | 3/3 尾瀬岩鞍 »

2007年2月20日 (火)

2/17-18 蔵王温泉

2年ぶりに蔵王に行ってきました。今年の蔵王2日間は天気に恵まれ、素晴らしい風景を山頂から見ることもできました。

Vfsh0004_2 Vfsh0002 Vfsh0003_1

中央・パラダイス・上の台のエリアを滑ったのは8年ぶり。大平コースと言い、上の台の各斜面と言い、昔は人が多すぎて気持ちよく滑れた試しがなかったんですけど、今回は空いていてロングコースを気持ちよく滑れました。スキー場の経営を考えると、ちょっと微妙だったり。それに、ハイシーズンということもあり、各斜面の雪質も非常に良かったです。もう少し雪が悪くなると、パラダイスゲレンデの『涸沢のカベ』あたりは手ごわくなります(横倉の壁より始末が悪い)。私達が初日の昼食前に滑った急斜面ですね。

それにしても、初日に滑った上の台側の各コースは良かったですね。上部にコブもある多彩なハーネンカムコース、緩斜面と中斜面が交互にやってくる大平コース、ビデオ撮りにうってつけなサンライズゲレンデなど。もう一日滑りたかったなという感じ。

2日目の横倉・黒姫・大森側も人が少なくて良かったですね。横倉ゲレンデの正面バーン、片斜面は個人的に思い入れ深く、ビデオ撮りを提案してしまいました。『横倉のカベ』はコンディションが良く、あっけない印象。『大森のカベ』はガスってなければもっと面白かったですね。みんなでビデオ撮りも出来て、良い研究材料も蓄積できた?はず?

Vfsh0005_2 Vfsh0001 Vfsh0006_3

皆さん、また行きましょうね。次回はもっと早く計画して、ゲレンデ近くの良い宿を押さえちゃいましょう。あと、夜は宴会もやろう!

ということで終わってしまうと、元基礎スキーヤーとしてはイマイチなので少し滑りの感想を書こう。今回はビデオで自分の滑りを他の人の滑りと比較して、課題が見えました。まず、大回りでは単に板の上に乗っかっているだけで、全然動けていない。そもそも、板をしっかり踏んでいない(滑っている実感として)。なので、基本に戻り、こんなことを留意していきたいと思います。

  • ターン前半から谷足をがっつり踏み込んでいく
  • ターン前半から仕上げまで徐々に荷重し、切り替えでは腰を意識して前に持ってくることでターン中に動きを作る
  • ターン後半はニュートラルにゆっくり戻すまで、上体を次のターン方向に向けない
  • 小回りでは膝下中心の軸を作る

« 家族旅行@越後湯沢 | トップページ | 3/3 尾瀬岩鞍 »

「スキー関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62163/13984829

この記事へのトラックバック一覧です: 2/17-18 蔵王温泉:

« 家族旅行@越後湯沢 | トップページ | 3/3 尾瀬岩鞍 »