無料ブログはココログ
フォト

« 3R CAFE(大手町) | トップページ | 久々の水泳 »

2007年3月17日 (土)

「休日に寝だめ」は逆効果

ネットを見ていたら、こんな記事を見かけました。
「休日に寝だめ」は逆効果=平日差大きいほど不眠、抑うつ-働く人の睡眠調査(時事通信)
普段の寝不足、休日に補えません-。休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いことが17日、働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった。平日の睡眠時間の短さは、抑うつと強く関連していた。
同助教授は「時間が不規則だと熟睡感が得られない。良い睡眠のためにはできるだけいつも同じ時間に起きることが重要」としている。
調査は昨年12月、首都圏の35~59歳の勤労者約9000人を対象にインターネットで実施、約6000人から有効回答を得た。
それによると、平均睡眠時間は平日6.1時間、休日7.3時間。休日の起床時間が平日より2時間未満遅い人が不眠を自覚する割合は25.9%なのに対し、2~3時間で29.4%、3時間以上で33.3%と、平日との差が大きいほど不眠の人が多かった。
抑うつ経験も、2時間未満4.3%、2~3時間5.2%、3時間以上6.2%となった。 

20代の頃は、週末何も用が無いと、昼近くまで寝ていて、「朝食が昼食」みたいなこともよくありました。家族を持ってからは、嫌でも早く起きるようになり、今では休日でも8時には起きるようにしています(家族の家事の予定が狂ってしまうので)。平日は6時過ぎに起きているので、平日と休日の時間差で2時間以内に納まっています。

確かに、週末ダラダラ過ごして、月曜日にとってもウツウツした気分で会社に行った記憶はありますね。また、会社の様子をみていても、週明けは体調を崩して休んだり、遅刻したりする人が結構多いですよね。

ダラダラ寝てるくらいなら、早く起きて昼寝でもした方が良いのかもしれませんね。

« 3R CAFE(大手町) | トップページ | 久々の水泳 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3R CAFE(大手町) | トップページ | 久々の水泳 »