無料ブログはココログ
フォト

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月27日 (日)

マネジメント研修 IN 木更津

23日~25日の3日間、千葉県木更津にあるかずさアークで会社の管理者研修を受講してきました。朝8時半から開始し、夜10時まで続く体力的に厳しいプログラムです。

会議と宿泊の施設は本当に素晴らしいものでした。併設ホテルもなんとオークラです。部屋はツインを1人使用でこちらも贅沢な限り。

研修としては、普段接点の無い他部門の課長さんとチームを組んで、スーパーマーケット店舗の事業たて直し戦略の立案とか、案件処理のトレーニングをやってきました。あとはお互いの考え方や得意・不得意の相互フィードバックとか。

非常に良い勉強になりました。個人的には「完璧主義で隙が無いように見え、なかなか気軽に接しにくいと感じる人もいるのでは」というアドバイスをいただいているので、他人にうまく任せたり、力を抜いたりするところもやってみようかと。

ちなみに研修から帰ってきたら、自宅PCのプログラムが壊れていたので、暫くは復旧に向けて作業をします。しかし、自宅PCからの接続は当面先になりそうです。

2007年5月20日 (日)

与野公園 ばら祭り

与野のお祭りは、5月に与野公園で行われる「ばら祭り」と夏場の「与野祭り」の2つ。週末は、ちょうどばら祭りの2日間でした。

昨日は、午後突然の大雨があったものの、今日は1日好天に恵まれた様子。園内もこどもや家族連れを中心に賑わっていました。

Vfsh0011_2

2007年5月13日 (日)

5/3 トレイルラン(初)

GW中に飯能の山を走ってきました。ターザンに紹介されていたトレイルランにおすすめのお気軽コースです。ハイキングコースとしては割と有名なコースで、西武秩父線 高麗駅をスタートし、日和田山~高指山~物見山~北向地蔵~五常の滝~武蔵横手駅までの約9.5KMのコースです。

本当は朝7時頃に家を車で出発するつもりが大幅に寝坊して、10時頃出発。GW真っ最中とあって道路はどこもかしこも渋滞・・・。東飯能駅前のコインパーキング到着が12時少し前で、昼食も摂らずに12時06分の西武秩父行き電車に飛び乗る。電車は行楽客で満員。

Vfsh0002_3

高麗駅前の立ち食い蕎麦スタンドでかき揚げそばを食べてからスタート。時間は12時35分。トーテンポールを眺めながら、巾着田方面に踏み切りを渡る。みんなのんびりハイキングモードで、走っているのがちと恥ずかしい(途中でひとりで道を間違えたときはもっと恥ずかしかった)。

Vfsh0003_4

375Mの物見山頂上付近。スタートからここまで30分、2KM。女坂でも結構急なところを早足で登りきると、神社手前から巾着田方面の遠望が見れます。

Vfsh0004_5

何もない高指山はパスをして、物見山の頂上まで一気に走る(上りは歩き)。スタートからここまで50分、4KMくらい。お昼休憩を取るハイカーも多かった。ここまで来ると、小さな子供づれの家族はおらず、中高年の夫婦やグループが多い。

Vfsh0005_6 Vfsh0006_5

鎌北湖、ユガテ(吾野方面の集落)、武蔵横手駅方面の3方向の分岐点となる北向き地蔵。スタートからここまで1時間15分、6KMの地点。持参したスポーツドリンク500mlの1本目がここで空となった。

Vfsh0008_2

北向き地蔵から先は下りに入る。ここは五常の滝。スタートから1時間30分、7KM地点。由緒ある滝らしい。滝下に湧き水が出る蛇口があり、顔や手を洗う。めっちゃ気持ちが良い。

Vfsh0007_7

この後の駅までの下り1本道はこんな感じで実に楽で爽快。車も結構走っていた。2KMも下りならたったの15分。

Vfsh0009_3

というわけで、武蔵横手駅に到着。スタートからたったの1時間45分で今回の初トレイルランは終了。ちょっと物足りないので、高麗か東飯能まで走っちゃおうかと思ったが、それはやめておいて良かった。だってこの辺の1駅の距離間隔が非常に長いんだもん。駅に着いたら、切符を買う前になんと1時間に2本しかない電車が丁度到着。14時30分過ぎの電車にのって、15時前に東飯能駅に到着。

帰りは、東飯能から近い、入間市笹目にある”いるまの湯”に寄る。休日だけあって、昼間から混雑していた。1時間くらいのんびりと過ごし、入間基地横を抜け、狭山~所沢を経由して帰宅。帰りは入間から1時間で着いた。

今回走ってみて、1年半前に粥新田峠~大霧山~定峰峠を歩いたときとは自分の身体が全く違うことがよく分かり、嬉しかった。自信もついた(かな?)。当日はハムストリングが少し痛いような気もしたけど、翌日もジムで気持ちよく2KMを泳いだ。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »