無料ブログはココログ
フォト

2007年9月26日 (水)

日帰り札幌出張

昨日、急遽日帰りで札幌に行ってきた。スキー以外で上陸するのは初めて。

11時のフライトで12時半に千歳着。快速に乗って札幌駅に13時20分到着。昼食は駅弁でいくらとかにのお弁当。

札幌駅に近づくにつれ、天気が怪しくなり、恵庭あたりから雨。そして札幌は雷雨の大雨。

事務所までは駅から地下道が繋がっていたものの、行き方がわからず、折りたたみ傘をさして3分ほど歩く。たった3分でも結構濡れた・・・・

クライアント対応が終わり、18時。街を全く見れずに通勤の帰りの人たちで込み合う快速に乗って空港へ。空港ではまたもや「いくら丼」を食して、飛行機を待つ。定刻より40分送れて21時15分に搭乗、羽田着が22時40分を回ってしまったので大宮までのリムジンバスが既に終了しており、モノレール天王洲から埼京線最終の通勤快速にとびのり、帰宅が0時30分。疲れた。

2007年8月 4日 (土)

再びチャレンジ

今の仕事に就いて5年が経ちました。大変良い経験をさせていただいています。今もそれなりに充実していると言えると思います。早く帰れる日もあるし、自分の身に着けていないスキルを体得しつつ、新しいことにも手を出せているし。

でも、自分の本当にやりたいと思うことにチャレンジする・・・・そのためにリスクをとってみる・・・・多少の年収ダウンも覚悟する・・・・・こんなことに挑戦するにも年齢的にぎりぎりになってきた。

だから今、もう一回、チャレンジします。7月から5年ぶりに活動を開始しました。

2007年5月27日 (日)

マネジメント研修 IN 木更津

23日~25日の3日間、千葉県木更津にあるかずさアークで会社の管理者研修を受講してきました。朝8時半から開始し、夜10時まで続く体力的に厳しいプログラムです。

会議と宿泊の施設は本当に素晴らしいものでした。併設ホテルもなんとオークラです。部屋はツインを1人使用でこちらも贅沢な限り。

研修としては、普段接点の無い他部門の課長さんとチームを組んで、スーパーマーケット店舗の事業たて直し戦略の立案とか、案件処理のトレーニングをやってきました。あとはお互いの考え方や得意・不得意の相互フィードバックとか。

非常に良い勉強になりました。個人的には「完璧主義で隙が無いように見え、なかなか気軽に接しにくいと感じる人もいるのでは」というアドバイスをいただいているので、他人にうまく任せたり、力を抜いたりするところもやってみようかと。

ちなみに研修から帰ってきたら、自宅PCのプログラムが壊れていたので、暫くは復旧に向けて作業をします。しかし、自宅PCからの接続は当面先になりそうです。

2007年3月10日 (土)

希望かなわず

昨日まで2日間、論理志向とファシリテーションの研修第2弾を受講していました。今期の研修受講は、論理志向2日、ファシリテーション2日、小集団活動1日、更にコンサルタント実力UPコースでプレゼンテーション、経営戦略、事業再生・・・など毎月1日ずつ。昨年度に近い量のインプットができたかと思います。成果がでるまでには時間がかかると思います。

さて、来期の組織発表がありましたが、今年も企画部門への異動希望は叶いませんでした。他のメンバーが当該部門に異動しているのに何故?という感じ。この5年間、それなりに評価もされてきたし、現場の問題を構造的に把握していることを認知されているのにも関わらず、変革する側の企画部門に異動させてもらえない理由は?異動希望を4回も出して、一度も受け入れられず。本部長に直にフィードバックしていただけるようお願いしています。

自分の人生なので、甘んじて次の1年を過ごすかどうかはわかりません。少なくとも外の世界とのコンタクトは開始しよう。

2007年1月25日 (木)

本部全体会議での事例発表

先日の3分間スピーチで少し反省したため、今回の10分間の発表では資料、説明ともにそれなりに準備して臨みました。資料はたった9枚のスライドを作るのに1日をかけ、発表準備では2時間くらいかけました。

結果、”本部最優秀賞”ということで商品券を頂戴しました。来年度のスタッドレスタイヤ購入費にでも充てさせていただこうかと思います。勿論、一緒に働いている「現場」の方にも多少の還元はさせていただこうかと考えております。ハイ。

今回の事例発表は、私自身がこの会社で最も頑張ってきたことを発表したので、ある意味「集大成」と言っても良いかなと思っています。集大成ということは、来年は同じことをやっていては進歩がないということなので、同じ会社で頑張るか否かは別として、新しい役割に挑戦していくことがどうしても必要なんだろうと思います。

今年のおみくじに書いてあった「何事もほどほどに、控えめにを」意識しながら(笑)

2006年12月19日 (火)

試練

この年齢、或いはこれだけ経験を積んだ後に、あってはならない結果を出してしまった。正直、「なんで?」という感じであんまり自覚がなかったし、「相手に対する不信感」をもって納得がいかなかったことも事実だけど、不具合が起きている事実とそれによって他人に迷惑をかけている事実については、素直に認めるほかは無いと思っている。

問題解決に至るまでは一定の時間がかかること、そして、他人に骨を折ってもらわないといけないので当分憂鬱な日々は続くかな~。

また、納得がいこうがいくまいが、多くの関係者に頭を下げる必要もある。

もう考え方を変えて、勉強だし、今失敗しておいて良かったと思うことにしようかと思う。

いずれにしても、みっともない、自分自身がショックとか、そういうプライドをどこかに置いておかないと、リカバリーのための最善のアクションは取れないと思う。

2006年6月 8日 (木)

失敗から学ぶことの大切さ

前向きに仕事をして失敗する。そう、私も随分失敗を繰り返し、その度に上司や先輩に助けてもらって成長してきた。だから、前を向いて、挑戦して失敗したときは、周囲が暖かい気持ちでリカバリーしてあげること、そして本人に優しくフィードバックをしながら自主的な反省を促せば良いんだ、そう思う。それこそが本質的な人材の育成だし、そういう失敗の機会が将来の資産になるくらいの懐の大きい会社や上司じゃないと、絶対組織は発展しない。本音でそう思う。

しかし、今の会社はどうだろう。40歳前で部長になってしまう組織の未熟さもあるが、人材を育てるための寛大さが全く無い。部長が失敗したメンバーを追い込んでどうするんだっちゅうの。他の組織のメンバーの仕事ぶりを批判して、それで組織間のコミュニケーションを悪くして会社が発展するかっちゅうの。仕方ないなと思う。明日、本人には言ってやろうと思う。ま、失敗した当人も今年課長に昇格している人だから、言われても仕方ない面は否めないが・・・。だが、人を追い込む所からは退職以外のものは基本的に生まれないような気がする。やはり、自主的に反省するようなところにもっていくこと、それが人材育成では無かろうかと思う。

2006年4月16日 (日)

昨日も今日も出勤

あー、週末休めない。土日続けて出勤。おまけに代休を取る目途も再来週まで立たない。

4月の引継ぎが一番忙しい時期にも関わらず、メインのクライアントから重い提案の依頼が・・・今週木曜日の締め切りなので全力投球したいところ。

ところが、役職者以上の会議、他のクライアントの至急の依頼、元メンバーの相談など、平日はとても提案書作りなんてできやしない。というわけで週末続けての出勤となったわけ。これで受注できれば、まだ救われるんだろうけど。難しいだろうな・・・

他のアカウントマネージャーも土日出勤している。良いのか、こんなんで!ま、続いたら怒るけどとりあえずは我慢して頑張るか。