無料ブログはココログ
フォト

2007年3月26日 (月)

サプリメント変更

ちょうど、サプリが切れたので、ラインナップを変えてみることにしました。

  • マルチビタミン&ミネラル(ライフスタイル)・・・・今まで通り継続
  • ビタミンC(ネイチャーメイド)・・・・継続
  • フィッシュオイル(ネイチャーメイド)・・・アサヒのものから切替え
  • ファイバー(ネイチャーメイド)・・・新しく追加

マルチビタミン&ミネラルは手放せないし、今のブランドがお気に入りなのでそのまま継続。

ビタミンCは、マルチビタミンの中の含有量が少し少なめなので追加して使用中。

フィッシュオイルは今まで使っていたアサヒのもの(DHA500)が1300円くらいだったので600円で購入できるネイチャーメイドのものに切替え。アサヒのものの方が成分的には良いんだけれど、新しく1個追加することを踏まえてコストダウン。

ファイバーは食生活のバランスを考え、新たに購入することに。これにプロテイン(ドーム)を加えたラインアップで暫くはいってみたいと思っています。

070325_2152

2007年3月17日 (土)

「休日に寝だめ」は逆効果

ネットを見ていたら、こんな記事を見かけました。
「休日に寝だめ」は逆効果=平日差大きいほど不眠、抑うつ-働く人の睡眠調査(時事通信)
普段の寝不足、休日に補えません-。休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いことが17日、働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった。平日の睡眠時間の短さは、抑うつと強く関連していた。
同助教授は「時間が不規則だと熟睡感が得られない。良い睡眠のためにはできるだけいつも同じ時間に起きることが重要」としている。
調査は昨年12月、首都圏の35~59歳の勤労者約9000人を対象にインターネットで実施、約6000人から有効回答を得た。
それによると、平均睡眠時間は平日6.1時間、休日7.3時間。休日の起床時間が平日より2時間未満遅い人が不眠を自覚する割合は25.9%なのに対し、2~3時間で29.4%、3時間以上で33.3%と、平日との差が大きいほど不眠の人が多かった。
抑うつ経験も、2時間未満4.3%、2~3時間5.2%、3時間以上6.2%となった。 

20代の頃は、週末何も用が無いと、昼近くまで寝ていて、「朝食が昼食」みたいなこともよくありました。家族を持ってからは、嫌でも早く起きるようになり、今では休日でも8時には起きるようにしています(家族の家事の予定が狂ってしまうので)。平日は6時過ぎに起きているので、平日と休日の時間差で2時間以内に納まっています。

確かに、週末ダラダラ過ごして、月曜日にとってもウツウツした気分で会社に行った記憶はありますね。また、会社の様子をみていても、週明けは体調を崩して休んだり、遅刻したりする人が結構多いですよね。

ダラダラ寝てるくらいなら、早く起きて昼寝でもした方が良いのかもしれませんね。

2007年1月15日 (月)

もっと野菜を取らねば・・・

昨日放送の「あるある大辞典」は、ガンの発生率抑止のための野菜摂取がテーマだった。米国がガンの予防のために国を上げて野菜摂取を促し、効果も出ているのに対し、日本人の野菜摂取は毎年下降傾向だとか。

そもそも、国が推奨する食事バランスは、

  1. 野菜と果物の量が最も多く、
  2. その次に主食(コメや麦、麺類)
  3. そして主采(肉や魚、卵、大豆等のたんぱく質)
  4. 最後に乳製品であるとのこと

内閣府が監修している「平成18年版食育白書」によると、20~30代の野菜摂取量が他の年代に比べて低く、また外食する割合が高いほど野菜摂取量が少ないとの統計が掲載されている。日本の外食環境は、野菜を十分に取ることが難しい状況である・・・そして、忙しく、外食をすることが多い+健康に関心が低い年代が20代と30代である・・・ということなんだろうと思う。

さて、自分を振り返ってみるとどうか?相当内容に気を使っていたはずなのに、実際には主食(ご飯と麺類)、主食(大豆や魚)が多く、野菜は相当に不足しているように思える。今までは野菜を取る目的が、ビタミン類と繊維の摂取だと思っていた。だから、「野菜不足は
サプリメントで補えばいいじゃん」という考え。しかし、昨日の「あるある」だと、野菜にはベータカロテン等のビタミン摂取による抗酸化機能のほか、解毒機能とDNAの修復機能も重要な機能らしい。とすると、「野菜不足はサプリで補えばいいじゃん」という発想は健康な身体づくりには通用しない。あと、果物は野菜とは別枠で一定摂取することが望ましいらしい。野菜の1日あたり摂取目安がげんこつ5つ分、果物が2つ分だそうな。

毎日の三度の食事を個別に見てみる。まず、朝食でご飯と納豆、プラス魚や卵など、主采を2品取っているケースが多い。野菜はもずく、芋、ひじきなどを取って
いるものの、明らかに主食が多い状況だ。まず朝食の主采1品を野菜に置き換えるよう家族に相談してみようと思う。

それから、昼食と夕食。平日はこの2食は外食でまかなうことが多く、野菜類をたくさん摂取できるようなお店探しがポイントになりそう。野菜中心に提供する店が少ないってことは、まだまだ日本人の嗜好がそうなって無い証拠だろうと思う。これだけ健康ブームなんだから、サラダバーなんかを安く提供してくれる定食屋やレストランのチェーンが登場しても
良いのではなかろうかと思ったり(というか希望)。米国では、サラダバーが相当普及しているらしく、羨ましいなあと。

果物に至っては、週末の朝食にりんごなどを少し食べるくらいだ。

当面は、大戸屋でサラダ+少な目の主食と主采を注文するとか、コンビニサラダを活用するとか、できることからはじめてみようと思う。緑黄色野菜、きのこ類、そして果物を、毎日少しでも食べられるように頑張ってみる。後はりんご or みかんを毎日食べるようにするとか。