無料ブログはココログ
フォト

2007年9月16日 (日)

実務従事9月度スタート

9月1日に東京支部のカンファレンスに参加し、9月に実施される印刷業(新宿区)と11月に実施される市場調査会社(豊島区)の実務従事に申し込んだ。

印刷業の実務のほうは、12日夜にメンバーの顔合わせを行い、14日は診断先の訪問とメンバー間でのディスカッションを行い、15日も終日ディスカッションを実施した。

今回のメンバーは6名、かなり優秀な方もいるので、楽しんで参加させてもらっています。やはり、会社外の人とまじめに物事を取り組むのは学ぶことも多いし、面白い。

個人的には、今回の実務従事が終ったら、11月までに「経営目標の立て方」を見直して本でも読んでおこうと思う(少し勉強不足を感じたので)。

2007年3月 6日 (火)

今期最後の山

今期も終わりが近づく中、最後に山がやってきました。

1つは仕事なのでおいとくとして・・・・・もう1つは、診断士のコンサルタント実力アップコースの方です。次回3月24日が最終会で代表2名によるプレゼンを予定していますが、その発表者に選出されたことです。おかげで、最後に泊まりで行こうと思っていたスキーを日帰りに変更せざるをえなく
なったりしていますが・・・・

今年度、年配の諸先輩方と一緒に、時には纏め役までやらさせていただいたので、最後は自分は聞いている側で良いかな~なんて思っていたんですけど、おはちが回ってきてしまいました。

ま、でも最後ですし、悔いが残らないように頑張ろう。仕事の方も来年度は、今年までとは違う道を選択するだろうし。

2007年1月28日 (日)

今月の勉強会テーマ

1月も第4週の土曜日、ということで定例の勉強会@中小企業会館がありました。

今回のテーマはフランチャイズビジネスの要点。いや、非常に濃い内容でした。先生が城南支会の支会長ということもあり、皆さん大変楽しみにしていたのですが、素晴らしい内容でした。

今回学んだことは、フランチャイズビジネスに限らず普遍的なビジネスとしての鉄則の面。そして、フランチャイズ展開する本部(フランチャイザー)、或いは加盟店(フランチャイジー)の視点で見た場合の留意点といった2つの側面で学べたのがとても分かりやすくて理解できました。

基本的には、儲かる儲からないの前に、エリアで展開するビジネスとしてニッチで類似サービスと明らかな差別優位性があること。これによって、店舗の利用者を惹きつけるものがあることが大原則。あったり前のことですけどね。そうでないと、ロイヤリティーやら経営指導の面で本部と加盟店との関係に矛盾が生じてくるだろうとのこと。果ては、某お菓子屋さんFCチェーンの賞味期限切れ原料使用問題のように、利益を上げるために社会的な不正を会社ぐるみではたらいてしまうなどの不都合が生じやすいとのこと。いや、ごもっともです。

今回、先生が特に協調していたのが、本部が商標登録を行う際には、チェーン業務の区分登録だけではなく、第35類という経営指導に関する区分の登録をしていることが肝だと仰っていました。加盟店から本部を見る視点として、本部が加盟店に対する運営時のノウハウ提供を行う気があるチェーンなのか否かを見極めるポイントとなる、とのことでした。